歯を削る前に

歯を削る前に

虫歯治療では、虫歯菌に感染した部分を削る処置を行います。虫歯になっても治療すれば大丈夫と思われる方は多いのですが、歯は一度削ってしまうと元には戻りません。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、なぜこのようなことをお伝えするかというと、虫歯治療を繰り返すことで歯の寿命が縮むリスクがあるのです。

虫歯は治療すれば問題がないように認識されがちですが、治療はあくまで虫歯を取り除く手段に過ぎず、ダメージや症状を抑えているに過ぎません。では、歯を削らずに虫歯を治す方法はないのか?というと、実はドックスベストセメントという方法があります。

歯を削らずに虫歯を治す方法「ドックスベストセメント」

歯を削らずに虫歯を治す方法「ドックスベストセメント」

ドックスベストセメントは、虫歯に感染した部分を一部取り除き、そこに特殊な薬剤を詰めて虫歯菌を除菌して虫歯の症状を抑える方法です。くわしくは「削らずに虫歯を治す~ドックスベストセメント~」をご覧ください。

歯を削ったことで起こりえるトラブル

歯を削ったことで起こりえるトラブル

歯を削った場合は詰め物や被せ物で補うのですが、実は歯と詰め物・被せ物の間にすき間ができ、そこから虫歯が再発する(二次カリエスといいます)リスクが生まれます。虫歯治療で歯を削った後に、甘い物がしみる場合には、二次カリエスの疑いがあります。治療後は油断せず、虫歯にならないように気をつけましょう。重度の虫歯になると根管治療が必要となり、その後に「根尖性歯周炎」などのトラブルのリスクも高まります。

歯の神経を取るリスクについて

歯の神経を取るリスクについて

重度の虫歯では根管治療が必要となり、歯の神経をとる処置を行います。根管治療は歯を残すための手段であり、決してデメリットの大きい治療ではありません。しかし、実はこの神経をとることで痛みを感じなくなるというデメリットが生じるのです。

痛みがなくなると虫歯が再発したときにも気づけず、せっかく残せた歯を抜歯しなくてはならなくなってしまいます。根管治療の際にはその点も認識していただきつつ、そこまで虫歯を放置しないように注意しましょう。

南流山リーフ歯科クリニックの
医院情報とアクセスはこちらをご覧ください

当歯科医院では、虫歯治療の最新技術を採用しています

虫歯治療とは、虫歯に感染した歯を削ることだけが唯一の選択肢ではありません。また、歯を削るという治療法を繰り返す裏には、歯の寿命が縮んでしまうというリスクが潜んでいることをご存知でしょうか。流山にある当歯科医院では、先進国アメリカで開発された歯を削らない虫歯治療『ドックスペストセメント』を採用しております。
本ページでは、『ドックスペストセメント』による治療のメリットと、歯を削ることによるリスクについて分かりやすく解説致します。『ドックスペストセメント』に関するご質問・ご相談は「南流山リーフ歯科クリニック」までお気軽にどうぞ。
医院
南流山リーフ歯科クリニック
住所
千葉県流山市大字木402番地
ヤオコー南流山店2階
駐車場
大型駐車場あり
最寄駅
「南流山」駅より徒歩10分圏内
年中無休 ※ヤオコーの店休日に準ずる

グーグルMAPで確認する