治療を中断するデメリット

治療を中断するデメリット

軽い風邪などは放っておいても治ることがありますが、虫歯や歯周病は、ごく初期の段階を除き放っておいても自然に治ることはありません。早い段階で見つけることができれば、治療も比較的簡単ですが、悪化させてしまうと治療が複雑になり通院回数も増えてしまいます。お忙しい生活を送る方にとって通院は大変です。すると中には通院を中断してしまう方がいらっしゃいます。

治療は途中でやめないでください

治療は途中でやめないでください

虫歯や歯周病の治療には数回の通院が伴うことがほとんどです。でも通院回数が増えると途中で治療をやめてしまう方がいらっしゃるのが現状です。しかしこの治療の中断はお口の健康にとってリスクのあることです。

治療を中断するリスクについて

治療を中断するリスクについて

治療を中断しがちなタイミングがあるようです。それぞれのタイミングでの治療中断のリスクは次の通りです。

仮歯が入ったとき

仮歯は白く目立たないので、そのままにしておく方がいらっしゃいます。しかし仮歯はあくまで「仮の歯」。耐久性がありません。割れたり取れたりしやすいので、虫歯の再発につながります。また、ずれやすいので、歯列全体の咬み合わせに悪影響をおよぼすこともあります。変色してしまうこともあるため、審美性に劣るという問題もあります。

抜歯をしたあと

抜歯をすると痛みがなくなるので、奥歯など目立たない場所の場合はそのまま放置する方がいらっしゃいます。しかし歯を失った部分にはまわりの歯が倒れ込んできたり咬み合う歯が伸びてきたりと歯列や咬み合わせを乱すことがあります。その問題を回避するために、矯正治療や健康な歯を削るなどを行うと、時間や費用において、余分な負担が増えることになります。

根管治療のとき

根管治療とは重度の虫歯でも歯の根だけでも残すための治療です。虫歯菌を残さないようにするために細かい処置が必要となるため数回の通院を要します。通院回数が増えると中断してしまうことがあるようですが、これはお口の健康のためにはとても危険な行為です。ふたたび虫歯になってしまったり、ほかの歯にも感染が広がったり、抜歯を余儀なくされる可能性が高まります。特に、歯根の先端に膿の袋ができる「根尖病巣」が見られる場合は早急に対応が必要です。

当院が予約制にしている理由

当院が予約制にしている理由

当院では患者様をできるだけお待たせしないようにするため予約制をとっています。ご来院の際はお電話か予約フォームにてご予約ください。予約制の理由は次の3つです。ただし、痛みがひどい場合、歯が折れた、取れたなどの緊急を要する場合はすぐにご来院ください。

1:治療に悪影響をおよぼさないように

次回の治療までの時間を長く取り過ぎると、ふたたびトラブルが起きるなど治療に悪影響を与えることがあります。そうなる前に治療ができるように次回のご来院日をお約束いただいています。

2:歯科技工物ができたときにいらしていただくため

詰め物・被せ物・入れ歯などの歯科技工物の作製には時間がかかります。予約制にすることで、その技工物の完成のタイミングに合わせてご来院いただけます。

3:治療時間はその処置により異なるため

治療の種類や治療の本数などにより、それぞれ治療時間が異なります。患者様をできるだけお待たせしないように予約制としています。

南流山リーフ歯科クリニックの
医院情報とアクセスはこちらをご覧ください

歯科医院への通院をやめてしまう前に・・・

どこの歯科医院に通院する場合においてもご理解頂きたいのが、歯の治療に伴う通院回数についてです。虫歯や歯周病治療に関しては一回の治療で完治するケースはほとんどありません。大抵は複数回に渡っての通院を余儀なくされます。「忙しい」、「面倒」と途中で通院を止めてしまうことでどのようなリスクが伴うのか、「南流山リーフ歯科クリニック」がこの場を借りてご説明致します。
歯科医院での治療は絶対に途中でやめないでください。流山にある「南流山リーフ歯科クリニック」では長期間の通院が難しい患者様向けの短期集中治療なども行っております。治療を中断してしまう前に、まずはご相談下さい。
医院
南流山リーフ歯科クリニック
住所
千葉県流山市大字木402番地
ヤオコー南流山店2階
駐車場
大型駐車場あり
最寄駅
「南流山」駅より徒歩10分圏内
年中無休 ※ヤオコーの店休日に準ずる

グーグルMAPで確認する